のろのろ更新しています


by beni-shouga
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:タイ( 12 )

e0045002_16592577.jpg

にぎやかな夜のフルーツマーケット。まずはmanggisを・・・

e0045002_1733961.jpg

あ!duren発見。  20Bの値札はrambutanかなぁ・・すごく赤い!

e0045002_1735435.jpg

ん??これはトマト?  よこのイガイガしたのはあまり美味しくなかった・・・


e0045002_1741073.jpg

女王、ドリアン初体験!!
おそるおそる・・・・ひと口。
あ、おいしい。コックリ、まったり、クセのある味。
また食べたいと思わせる後味が美味・・・


ドリアンは買って帰らなかったけれど(^.^;、味見をしたmanggisが今までに食べた事が
ないくらいに甘くて1kg購入。
きっとバレてるんだろうけど、バスタオルに包みスーツケースに入れて個人輸入。
美味しかった。。( ̄¬ ̄) ジュル・・・
[PR]
by beni-shouga | 2006-11-26 17:43 | タイ

極楽タイマッサージ

今日、職場の先輩のお誕生日だったので、同僚3人でお昼休みに入る10分前からソワソワと準備をし、正午きっかりにサプライズパーティーを開きました♪
当人はほんとに驚いて、感激の涙がホロリ・・・(≧∇≦)/  仕掛けたこちらもなんだか嬉しくて、とっても楽しいパーティーになりました! (○゜ε^○)


さて、タイネタは久しぶりです。。
タイ旅行中、1度は必ず体験したいと思っていたタイ古式マッサージに行ってきました。


お店の名前は、ルアン・ヌアッド・マッサージ。↓の茶色い看板を目印に行ったんですが、お店の看板はその下、真ん中の緑です。。
e0045002_20521855.jpg





お店の入り口。この写真ではわかりずらいですが、(-_-#)  もともとお屋敷を改造して作られているそうで、庭も広く邸宅だった雰囲気が今も残っています。二階部分は廊下兼テラスのようになっていて、リフレを受けられるようになっていました。奥に部屋も並んでいます。
e0045002_20523571.jpg




つたをくぐって、ガラスの扉の向こうに受け付けがあり、すぐ左の階段を上って、2階に移動。リフレを横目で見ながら奥のマッサージルームへ。下のような部屋が3つほど並んでいて、すだれを降ろすと個室になります。古さはありますが、清潔感のあるシャワールームで汗を流し、用意された服に着替えたらマッサージの開始です。
e0045002_2052484.jpg





e0045002_20535678.jpg
私が受けたのは、アロマチックオイルマッサージ90分のコース、750バーツ(約2250円ぐらい)です。まず足裏から始まり、足、背中、肩、うで、頭と全身くまなくみっちりと丁寧にマッサージしていきます。しっかりめが好みの私も満足の力加減で、終わりまで一定の強さを保ってくれました。施術の最後はアクロバチックな体勢でストレッチをして終了。甘いお茶が出ます。*写真は終わって着替えてから撮影。


e0045002_20534512.jpg
予約は現地の代理店にお願いしたんですが、こちらは結構人気があるようで、遅刻をしてきたと見られる白人のカップルがもうムリだと断られているようでした。。予約表をチラリとのぞき見るとぎっしりお客様の名前がつまっていました。


あっというまの90分の至福のひととき、マッサージ中の頭のなかでは、リピートするには??と交通手段まで考えてしまった私。。バンコクに行かれる方におすすめのお店です。



Ruen Nuad Massage เรือนนวด    

住所 : 42 Convent Rd.,Silom, BKK 10500
住所(タイ語) : 42 ถ.คอนแวนท์ สีลม กทม.10500
電話番号 : 0-2632-2662-3

BTSサラデーン駅から徒歩約10分
[PR]
by beni-shouga | 2006-09-15 21:32 | タイ

マンゴー・タンゴ

MKであんなにお腹いっぱい食べたのに、ちゃんとデザートの入るところは用意していました!(#^.^#) MKのすぐ近く、サイアムスクエアにあるマンゴーデザートのお店『マンゴー・タンゴ』です。こちらは、インターネットの口コミなどでたくさんの人が美味しいと評判だったので、楽しみにしていたお店の一つです。

e0045002_19421717.jpg

間口があまり広くなくて奥に長いお店だったけど、看板ですぐにわかりました。



e0045002_19425145.jpge0045002_19431291.jpg


私が食べたのは、マンゴーとタピオカのココナツミルクがけです。もうマンゴーが甘くてめちゃめちゃ0(>_<)0 美味しかったです!!ココナツミルクとの相性もサイコ-♪です。
友達2人はマンゴー・スムージーを注文。これもかなり美味しかった~(^Q^)


でも、、、、、、
やったー!!マンゴー解禁だー! ヽ(^。^)丿 と喜んでいたのに、滞在中マンゴーにありつけたのは、なんとココだけ!(>へ<) 
タイってマンゴーですよね? 
ホテルのフルーツでも登場はナシだったし・・・ 季節は・・・雨季だった、たしか・・。
ナゼなんでしょう? というか、とても残念 (ノ_σ) でした。。
[PR]
by beni-shouga | 2006-07-25 20:12 | タイ

MKでタイスキ

前回のタイ旅行のつづきですー。

タイ・スタイル体験を終えたあとブラブラとショッピング・センターなどを見て歩き、来る時にBTSで通過した隣の駅、サイアムまで歩いてもどることにしました。

e0045002_19544556.jpg
右上にあるのが、駅と駅をつなぐ遊歩道です。私たちが歩いた下の歩道は車の排気や熱気がムンムンなので、上を歩いたほうが風も通るし涼しいです・・(;´д` )
遊歩道の上に走ってるのがBTS(スカイ・トレイン)で、改札から大きなショッピング・センターに出口が直結していてとても便利でしたよ~(^_^)



e0045002_19584877.jpge0045002_19593719.jpg


エラワン・サンプラ・プーム。
サイアムに歩いている途中、線香の煙がたちこめる一角がありました。こちらは、神の使いの像(エラワン)を祭る祠で、その周りには、お花や線香やお供え物がたくさん供えられていて、参拝者はみな熱心に祈りを捧げていました。
昔、ここで宝くじの当選を祈願したおばあさんのクジが大当たりし、当たれば裸で踊ることを約束していたおばあさんはそこで本当に裸で感謝の舞を踊ったそうです。。
スゴイですね(#^.^#) 以来、願いごとが叶うと有名だとか・・


そして、サイアムに到着。夕食はタイスキの超!有名店「MK]です。

e0045002_20271111.jpge0045002_20224960.jpg



e0045002_20215215.jpge0045002_20275093.jpg


おだしはあっさりなんだけど、味はしっかりついていて、つけダレはピリカラ!
白菜、豚肉、鶏肉、エビワンタン、パクチ-の肉巻き、魚すり身、翡翠麺(↑の緑の春雨。そのままタレにつけて食べても、さっとお鍋にいれてもいいそうです。どちらもウマイ!)、空芯菜、などを注文。忘れずにシンハーも注文!汗だくになりながら、美味しく頂きました。。
ダシがほんとに美味しくて、雑炊をする分まで飲んでしまいました(ヘ_ヘ)

あーっ!カオマンガイ(鶏)?カオカームー(ブタ)?
食べてないと思ってたけど、、どっちかわからないけど、
どうやら胃袋には入っていたようです。(^.^;
でも残念だったのが、看板の横にあるカニ爪と生春巻きが売り切れだったこと・・(TεT)

今度は、もう一つの人気店「コカ」にも行ってみたいです。。ヽ(^。^)丿
(こちらは日本に支店があるそうな・・・きっと関東のほうだろうなー)
[PR]
by beni-shouga | 2006-07-18 20:58 | タイ
今日はタイネタ、前回の続きです。
バイヨーク・スカイ・ホテルで昼食を食べた後、免税店に寄り午後2時頃にホテルにチェックインしました。
e0045002_20112665.jpg

お世話になるのは、BTSパヤタイ駅から2分ほど歩いたところにあるサイアム・シティ・ホテルです。今回のタイ旅行は出来るだけリーズナブルに・・・を条件にしていたので、エアーと朝食付の宿泊3泊セットで5万円。当初、46,000円で行けるホテルにしていたのですが、たまたまテレビで見てこちらにランク・アップしました。
事前に調べていた情報では、可もなく、不可もなく・・・ということで、寝るために帰るようなものだから・・・と期待はしていなかったのですが、感想としては、○でした!
お値段だけに、ゴージャスではないのは当然だけど、安っぽいところもなく、「きちっとした」印象を受け、お部屋、バスなど、掃除も行き届いていて、スタッフもとてもフレンドリー。安心して過ごすことができました。
e0045002_20322320.jpg


ホテルの中庭に向かう小道。ゾウさんのパラソル立てがかわいかったです。
同じ象でもバリの象とタイの象は少しちがいますね・・


部屋で少し休憩したあと、(部屋はあまりにも普通なので、写真撮っていません・・)パヤタイ駅からBTS(スカイ・トレイン)に乗ってチットロム駅にむかいます。
e0045002_20405326.jpge0045002_2134567.jpg

駅に向かって歩いていると、お相撲さんがっ! 変な看板です(^_^)
パヤタイからチットロムまで2駅約6分、20B(¥60)です。
とてもエアコンが効いていて、快適です。1,2分間隔で次の駅につき、渋滞しらず。とても便利で滞在中のメインの交通手段となりました。


到着したチットロムは、バンコク随一のショッピングエリアです。繁華街を南北に分けるように通る道路をはさんで大きなビルが立ち並びます。

そして向かったのは、日本から予約しておいたタイ・スタイル体験のお店「スタジオ・カンサイ」さんです。こちらであのキラキラのタイの衣装を着て写真を撮ります(#^.^#)

e0045002_20585446.jpg

まずは、お店の方と衣装を選び、メイク。ヘアメイクもして本格的です。

e0045002_2102022.jpg

私たちは3人で行ったので、スタッフ2人がかりで着替え、メイクと大忙しです。でもかかった時間はひとり30分程度です。
出来上がった自分は・・・・
もう信じられないほどのメイクの濃さに仰天!!見たことのない自分の顔が鏡に映っていました。正直いったいどうなるんだろう・・・と不安になるほど目の周りのメイクはすごいことになっていました。

e0045002_210491.jpg
でも、さすがプロですね・・・PCで撮った写真を見せてもらうと目鼻がはっきり写って、実物をはるかに越える出来栄えです!

e0045002_2112733.jpg

急に気をよくした私は調子にのって、はじめ決めていたよりも多く写真を撮ってしまいました(^.^;
もう、自己満足の世界です!

e0045002_212096.jpg

当初、1000バーツ(約3000円)で、A5サイズの写真1枚付だったのが、写真2枚と10ポーズの写真をCD-Rにしてくれる1200バーツに変更。撮影の後も自分たちの持参した3つのカメラで好きなだけ写真をとってくれて、とても満足(*^^*)
オーナーの男性が日本人で、スタッフのかたも日本語で対応していただき助かりました!

民族衣装を着て写真なんて、こっ恥ずかしい!という気持ちもありましたが、記念になったし、やってよかったなーと思います。(^v^)



次は、少しショッピングをして、タイスキの夕食です。
[PR]
by beni-shouga | 2006-07-09 21:00 | タイ

タイ飯  テイクアウト

今日は、旅行の続きでホテルとサイアム周辺をUPしようと思っていたのですが、
夕方からタイ飯の禁断症状がとうとう末期に・・・・
ウズウズしてきて、我慢できず、えいっ!と仕事の帰りに、寄ってしまいました・・・
しかも一人なのでテイクアウトで。。

急な思いつきだったので、持ち帰りできるかどうかもわからないまま、お店に直行!
(このお店は4度目です。)お店はまだ、賑わう前でまだお客さんはいませんでした。
店員さんのテイクアウト出来るとの返事にひとり大喜びヽ(^◇^*)/
興奮していて、どれにしようか決まりません。
(食べ物にこんなに興奮したのは初めてだったんですが、きっとお店の人もおかしかったとおもいます。)

食べたいものは7品ほどあったんですが、2品に絞り注文。
カウンターに座り、出来るのを待つあいだ、マンゴージュースを入れてくださりごちそうになりました。美味しかった!
出来上がりの2品をそそくさと持ちかえり、ビールをお供にいただきます!


e0045002_20555277.jpg生春巻きです。トム・カー・ガイ(ピリカラのココナツ・スープ)とかなり迷ったんですが、タイで食べることができなくて久しぶりだったので、こちらをチョイス。甘辛いタレもたくさんつけてくれました~。


e0045002_20562748.jpgそう!一番食べたかった、ソムタムを注文するのを忘れてしまったんです!どれだけ興奮していたかわかっていただけると思います。(笑)  春巻きは、春雨とライスペーパーの食感、大葉のとにらの香りが鼻にぬけ、とっても美味しかったです。




e0045002_20563989.jpgそして、パッタイ(タイ風焼きそば)です。これは炒り玉子とエビとナッツ、にら、たまねぎが入った甘いソースの味付けです。こちらも美味です~~!!
ビールと共に完食しました!





あ~~(*^0^) =3  満足! 食べ物でこんなに幸せを感じることができるなんて、
タイ飯、バンザーーーイ!!ヽ(^。^)丿
[PR]
by beni-shouga | 2006-07-07 21:39 | タイ
寺院の観光が終わり、車は宝石、タイシルク、民芸品が一度にそろうというおみやげものやさん(というかブティックっぽい)へむかいました。はげしい店員さんのお誘いをほぼ蹴って(お高いんです!)、昼食へ。。食事もオプションについていました・・・



e0045002_20414726.jpgバイ・ヨーク・スカイホテルです。地上309メートル、88階建てというタイで最も高い建物です。76~83階にあるレストランでの眺望が自慢でバンコクの街を一望できる観光スポットとして人気があるそうです。展望台では、端に寄ると窓が黒い網掛け模様で写真はうまくとれませんでした(泣)
そして、レストランでの食事はランチバイキングになっていました。



e0045002_2104837.jpgタイでの初ソムタム。ナッツが香ばしくて、シャクシャクしてすっぱ辛くて、美味しかった~!クセになる味です。



e0045002_2114960.jpgスイカジュースはカービングして持ってきてくれました。中にはキーンと冷えたフローズン状のジュースがなみなみと入っていましたが、とっても甘くていつのまにか全部飲んでしまっていて、おなかはタプンタプンに・・・・スイカそのものの甘さがとてもおいしかったです~



e0045002_2123395.jpg取り分けてきたお皿の1枚です。お料理は、まあ普通・・・といったところでした(笑) *移動の車の中でガイドさんが買ってくれたバナナチップスをしこたま食べたこともあり・・・かりんとうみたいでなかなかいけました!

バイキングでは、タイ・和・伊・中とさまざまな料理がたくさん並んでいました。


70階以上の高さから、とても速いスピードで地上に降りてくると(ガラス張りでコワかった!)、ホテルの目の前には、格安の露天が並ぶプラトゥーナム市場があり、周囲は活気に溢れていました。カラフルな洋服や、水着がたくさんありました~!

この後、ホテルに送ってもらいチェックイン。ここでガイドさんとは最終日までお別れです。
部屋で少し休憩した後に、地下鉄に乗って繁華街へとでかけますー。
[PR]
by beni-shouga | 2006-07-04 21:15 | タイ

バンコク市内観光 ③

半日観光オプションもここがラストです。
ワット・ポーから車で2分、歩いてもすぐ近くにある
王宮、エメラルド寺院に行きました。

e0045002_13363393.jpg

入場料を払って入ると、ここにも赤と青の鬼がいました。

e0045002_13394141.jpg



黄金の仏塔  「チェーディー」

仏舎利が安置されているそうです。。
このあたりで眠さがまた襲っていて、ふんふんと聞いてはいるものの、思考能力はストップしていました・・・


e0045002_13441227.jpg



神話の中の聖なる生き物  「蛇」

キレイな色です。頭が5つ、足が一つ。意見が分かれた時はどうするの?
とくだらないことを思ってしまいました(^.^;   神話ですから・・・



e0045002_1350815.jpg


敷地内にあるワット・プラ・ケオ(エメラルド寺院)をぐるりと囲む回廊に、インド叙事詩「ラマヤナ」をタイ語で書いた「ラマキエン」を題材にした壁画が描かれています。「ラマキエン」は、ラマ王と阿修羅王との戦いを描いた物語だそうです。世界で一番長い壁画だとか・・・(長さはわすれてしまいました(>_<) )ここも改修の真っ只中で、写真を撮ってるすぐ横で修復作業が行われていました。


e0045002_13592876.jpg

アンコール・ワットの模型。
とても精巧につくられていて、近寄って覗くと柱の1本1本や、廊下のようになっているの内部などすごくよくできていて感動しました!


e0045002_1412260.jpg


エメラルド寺院。ここがいちばん混雑していました!
本堂の中は撮影不可なので入り口から撮りました。
本尊は約66センチ、エメラルド色をした翡翠でできています、なんと年3回も衣替えをするそうで、国王が自ら着せ替えるとのこと・・・この時は夏服でした。なんかカワイイ!
とても霊験あらたかな様子で、本堂に裸足で入るとたくさんの人が石のフロアに座り込んでいて、今から説法でも始まりそうな雰囲気です。風がどこからか通って気持ちよく、ここで寝てしまいそうになりました。。


e0045002_14255633.jpg

王宮です。
今は国王は住んでいないとのことでしたが、即位式をここで行ったそうです。


e0045002_14275840.jpg

突然、兵隊さんが行進してきました!観光客の視線をいっせいにあびて、、でも無表情。
目だけが、キョロキョロしていました(笑)

とにかく広かったです。タイの寺院はほんとに色使いがキレイですね、見ていて飽きませんでした。全体を写した写真がないのが残念でした・・・
[PR]
by beni-shouga | 2006-07-03 13:49 | タイ

バンコク市内観光 ②

ワット・アルンを後にして、次に向かったのはワット・ポーです。
車での移動距離は10分乗ったかな?という程度だったとおもいます。

e0045002_1852470.jpge0045002_18522328.jpg


境内です。タイのお寺は、信仰の場所というほかに、ラーマ3世の時代から(今はラーマ9世)医学やマッサージ、薬学、地理学、占星術などを教えていたということで、境内には小学校もあり、運動場で朝礼をしていました。もう一つ、境内の中にタイ古式マッサージの大本山「ワット・ポーマッサージ」があります。ここで学んでいる人がマッサージをしてくれるそうなのですが、料金も技術も納得!とのうわさでした。



e0045002_1853429.jpg

有名な涅槃仏。         
ラーマ3世が建立したもので、体長46m、足の幅は3m、金箔が施されており、タイの寝釈迦の中では、最大で最も美しいと言われているそう。




e0045002_185431100.jpg

足の裏の文様です。67の区画の中に108の吉祥文や自然の風景モチーフ、ヒンドゥー教の宇宙観、王様の持物などが描かれています。(ガイドさんは、108の煩悩だと言ってました)
日本の除夜の鐘も108つ、なにか関係あるのでしょうか?





e0045002_18554985.jpg


おぉ!みごとな扁平足ですね。。

e0045002_18581284.jpg


全身写真。あまりの大きさに涅槃仏の足が本堂から出そうです。この台座の下には、ラーマ1世の遺灰が納められています。


e0045002_18573343.jpg

この後姿・・・・キテレツ大百科のコロ助に似てると思いませんか??
なんともカワイイ。と言ったらバチアタリでしょうか。(笑)




この後は、エメラルド寺院、王宮に向かいます。
[PR]
by beni-shouga | 2006-06-29 18:59 | タイ

バンコク市内観光 ① 

さあ、眠い目をこすりながら(^.^; 、無料オプションのバンコク市内観光です。

空港からでたとたんに目に入る寺院・・・・あ~~、、タイに来たんだと思う瞬間。
アドレナリン、放出!!ちょっと目が覚めました。
e0045002_19272029.jpg



前日の14日まで、国王ラマ9世の即位60周年記念式典が行われていたようです。
街のいたるところに、国王の写真や装飾が・・・
e0045002_19281460.jpg



私たちの前を走る、トゥクトゥク。
e0045002_19273987.jpg


ワット・アルン (暁の寺院)
[PR]
by beni-shouga | 2006-06-27 19:39 | タイ